カニ激安通販ランキング

カニの通販で一番人気はここです!

カニが美味しい季節になってきました!
寒い冬にはやはり カニ! カニ! カニ!

 

ところで安くて美味しいカニはどこで買えばいいの?

 

ご安心ください!
ハズレの無い安くて美味しいカニ通販をランキングにいたしました。

 

ぜひ美味しいカニを購入する参考にしてください!

 



カニ激安通販ランキング

カニ本舗

ネットショップ大賞7年連続1位!

 

カニの通販では圧倒的な年間500t!

 

送料980円

8,000円以上で送料無料

 



北国からの贈り物

北国から贈り物でのオススメはなんといっても「激安わけありガニ」!

 

わけありと言ってもホテルやレストランへ卸しているカニと全く味は変わりません!

 

送料1,050円

送料無料品有り。無料品と同包の場合送料無料。

 



浜海道

希少な「花咲ガニ」の取り扱い有り!

わけありガニもあります!

まとめ買いがお得!

 

送料1,200円

20,000円以上で送料無料

 

おいしいカニを激安で購入しましょう!

カニが本当に美味しいのは冬のわずかな期間だけです!

 

この期間が一番カニの身が引き締まって身がたっぷりのおいしいカニが食べられます。
最近はネットで新鮮なカニを安く購入できますし、運送・流通が以前よりは発達しているので早く手に入ります。

 

 

カニ通販売上日本一の「カニ本舗」では、お得な数量限定商品を多数そろえておりますが、すでに完売している商品が多数でておりますので、お得な商品はお早めにご購入のご検討をされることをお勧めします。

 

 

カニ通販売上日本一!


上手な激安カニの解凍方法!

最近は、冷凍技術が進歩しており、
浜ゆでカニや生冷凍カニはおいしさを損なうことなくとじ込めることができるようになりました。

 

 

おいしいカニを激安でせっかく手に入れても、うまく解凍をしないとカニの旨みが逃げてしまいます。
解凍の方法一つで美味しさが変わってきてしまいます。

室温で温めて解凍すると、カニの組織を破壊してしまって水分とともにカニの旨みが逃げてしまいます。

 

 

食べる分だけを新聞紙やクッキングペーパーにくるんでビニール袋に入れ、
冷蔵庫に入れてじわじわと解凍してください。

 

 

解凍の目安としては8分目くらいシャリシャリ感が残っているのが目標です。
調理に使う場合は半解凍くらい。少し芯が残っているくらいの解凍が一番美味しく食べられます。

 

 

解凍しすぎたり、解凍したあとに時間が経ちすぎると、
カニのおいしさがかなり変わってきますので、カニを食べる時間や調理時間にあわせて解凍するようにしましょう。

解凍した時の水分をすってくれるクッキングシートもありますので、激安でおいしいカニの旨みを逃さず解凍できます。

 

 

カニは大きいので、冷蔵庫で解凍するには入れにくいと思いますが、
涼しい時期ならば直射日光をさけて、涼しい場所で発泡スチロールの中にカニを入れて解凍すれば冷蔵庫に近い状態で解凍できます。

 

 

ぜひ激安でカニを手に入れて、正しい解凍方法でおいしくカニをお召し上がりください。

 

 

カニ通販売上日本一!


解凍したカニの美味しい食べ方

ボイルして冷凍さらたカニは、浜茹で後に急速冷凍したものか、
または水揚げして船上ですぐに茹でて凍結したカニです。

 

 

プロによってかにの塩加減と茹で加減が最適な状態で茹であげられて、
その後急速凍結されるので鮮度と旨味が逃げずに残っているのです。
うまく解凍すれば、茹でたてのおいしい味が再現します。

 

 

では、解凍後のカニのおいしい食べ方を紹介します。

 

 

 

カニを解凍後にそのまま殻をむいて食べるのが一番美味しい食べ方です!

 

 

上手に解凍すればカニ本来の旨みがそのまま残っているので、
本当においしい激安のカニが食べられます。

 

 

そのほかの食べ方として、焼きガニやカニ鍋がありますが、
これらの料理方法には注意が必要です。
それは、加熱のしすぎです。

 

 

焼きガニの場合は、軽く焼く程度にしてください。
カニ鍋の場合も、初めから入れるのではなく食べる直前に入れるくらいで大丈夫です。
加熱しすぎるとカニの身がぱさぱさになってしまいます。

 

 

ぜひ正しい解凍方法でおいしく激安で購入したカニをお試しください。

 

 

 

それぞれのカニの特長

カニの種類は多いのですが、一般的に食べられている3種類のカニの特長を紹介します。

 

 

ズワイガニ

 

 

【特徴】
カニの代表格として人気が高いです。捕獲量も多いので激安ガニとして販売されていることもあります。食べ方は塩茹でが一般的だが、カニ鍋、蒸しガニなどにも使用され、新鮮なものは刺し身やスシとしても提供されている。
カニの甲羅に良く付着している黒いつぶつぶは一見見た目が悪く敬遠されがちだが、実はこれはカニビルのタマゴで、これが付着していると長いこと脱皮をしていないので身入りが良いとされています。

 

味は上品な甘みがあり、カニミソやメスの卵巣(内子)も食用されます。
越前ガニや松葉ガニなどのプランドガニ化されているのも特徴です。

 

 

 

タラバガニ

 

 

【特徴】
塩茹でや蒸しガニとして食用されることが多い。新鮮なものは刺し身でも食べられるが、繊維質が強いため固めです。
最大の特長はその大きさ!足が太くて大きいのでかぶりつくにはもってこいです。1匹が大きいため、大勢で豪快に食べるのがいいですね。
実はタラバガニはヤドカリの仲間なんです。あと、カニみそも通常は食べられていません。

 

 

 

毛ガニ

 

 

【特徴】

 

塩茹でや焼き物、身をほぐしてあらゆる料理に使用される毛ガニ。他のカニに比べると食べられる部分が少ないですが、味は甘みがあって身もひきしまっていてとてもジューシーです。特にカニみその量が多く、味も濃厚でカニみそ好きにはとても好まれるカニです。

 

 

カニ通販売上日本一!



 
松葉ガニ タラバガニ ズワイガニ 毛蟹 わけありガニ